【最新版】世界一周クルーズのハイライト パナマ運河 CANAL DE PANAMA

総延長80km パナマ運河 

パナマ運河の歴史

1914年8月15日-アンコン号と呼ばれる汽船の太平洋から大西洋の通航で、運河が公式に開通

1962年10月12日-アメリカ橋が開通し、運河上の一般通過が初めて可能になる

1963年5月12日-運河の24時間運営が開始ました。

1968年2月29日-パナマ運河の一日の最大交通量である65隻を記録

1977年9月7日-米国とトリーホス・カーター条約を結び、パナマ共和国への運河の引渡しを1999年と定めました

1977年7月22日-米国海軍のペガサスミサイル艇が2時間41分と最速の運河通行記録を果たしました。

1944年2月16日-パナマ運河が米国土木学会(ASCE)選考の「現代社会の七不思議」の一つに選びました。

1999年12月31日-パナマ運河の経営・運河に関する責任を引き受けました。

2007年9月3日-運河拡張工事が着工しました。

2010年9月4日-バルクキャリアー「フォーチュンプラム」が100万隻目の船として運河を通過しました。

2012年8月26日-拡張工事を環境建築にシフトし、持続可能な建設のデザインを採用しました。

2014年8月15日-パナマ運河は操業100周年を迎えました。

2015年7月1日-拡張運河の引き戸式のローリング・ゲートの操業試験を開始しました。

2016年6月26日-拡張運河の開通式が行われました。

パナマ運河の歴史

大西洋と太平洋をつなぐ航路の構想の歴史は古く、16世紀初めにスペイン人がパナマ海峡を発見した時から始まりました。その後多くの人々の工夫と努力によりパナマ運河の建設が実現しました。1880年に初めてパナマ運河の建設に着手したのはフランスですが、資金面の行き詰まりや黄熱病のため、工事は中断してしまいました。その1903年におあなまが独立した後、米国が引き継いで工事を再開し1914年8月15日に完成させ、1999年12月31日11:59までパナマ運河の運営をしました。

パナマ運河共和国は、1977年に米国と結ばれたトリーホス・カーター条約、及びその後パナマ共和国憲法第19条法律に基づき、1999年12月31日正午にパナマ運河の運営・経営・維持・近代化・拡張による責任を完全に引受けました。当日以来政府機関であるパナマ運河庁(ACP)が運河の責任を負い運営しています。

パナマ運河の仕組み

パナマ運河はアメリカ大陸及びパナマ地峡の最も狭い位置にあり、約80キロメートルの航路が大西洋と太平洋を繋いでいる。この為パナマ運河は距離や期間の短縮及びコストダウンを可能とする航路のショートカットの役割を果たしています。開通して以来これまでに100万隻以上の船舶がパナマ運河を通行しました。記念すべき100万隻目は「フォーチュンプラム」というバルクキャリアーで、2010年9月4日に通過しました。

太平洋と大西洋を結ぶパナマ運河を結ぶパナマ運河の航路には、水のエレベーターの役割を持つ2レーン式閘門(こうもん)が設けられ、船舶をエレベーターのように海面から海抜27メートルにあるガトゥン湖を航行し、中央山脈を通り抜き、地峡の反対側に着くとまた海面まで下ろします。

この操作にはガトゥン湖に貯蔵された湖水を使用します。閘門の両端の水門が閉まると閘門の下にある水道システムを通して重力によって中央と側面の壁から水が閘室内に流れ込み、水位が上がることにより船舶を持ち上げたり、逆に閘室の水を吐き出して船舶を下げたりします。

拡張後の運河

パナマ運河拡張工事は2007年9月3日に着工し、2016年6月26日に開通式が行われました。国際市場において拡大する需要に対応する為、パナマ運河の通行量は拡張により2倍となりました。拡張工事では太平洋側及び大西洋側で各々で新閘門の建設が行われました。各閘門は3つの閘室、9つの節水槽、及びローリング・ゲートから成り立っています。拡張工事にはまた、太平洋側の運河侵入航路の建設、航路全般におけるアプローチ用水路の浚渫、そして水資源利用の効率化も含まれました。運河拡張工事に伴い、植林活動・野生生物救助など、緩和政策及び救出考古学・地質調査を含む環境調査が実施され、同拡張計画の社会的・環境的持続性が保証される工事は施行される。

クレブラ・カットはパナマ運河の最も狭い箇所に位置し、運河全長の約5分の1(12.7km)に相当します。当カットは地峡の中央山脈を突き抜けますが、その掘削工事で発生した土石や石灰岩を積み上げればエジプトのピラミットが63基も建設できるでしょう。

環境との提供

パナマ運河は自然環境と提供を結んでいます。

パナマ運河には多様性あふれる動植物も育む、流域水資源の省資源活動の責任があります。その為に周辺の村々と協力して人間と自然の共存を図るよう努力をしています。パナマ運河の流域水源には160以上の在来種が生息しています。水資源を確保する為、流域の川や湖の水質管理や水量の測定を常に行っています。この自然環境との提供は、生活向上の探求を目的としており、環境保護・森林再生・環境との人間の共存共栄の先駆けプログラムと新しい知識の習得に繋がっています。

ココリ閘門

パナマ運河拡張工事は、創業以来最大プロジェクトとなりました。第三閘門建設は運河の容量を倍増し、貨物の通航量増加及び、大型船舶の通航を可能とする事で、規模の経済性に直接影響し新たな市場の開拓を可能とします。拡張後の運河はまた、他の長い航路候補と比べ、大型船舶が短期間で移動する事を可能とする事から、二酸化炭素を削減し気候変動による影響を緩和します。

世界が手に届く範囲に

パナマ共和国は運河に加え両大洋における港湾・航空・ハブ・地峡を横断する鉄道サービス・最新技術を採用する情報通信ネットワーク・国際的基準のサービスが期待できる金融及び産業地帯などを持ち、世界への接続性が一層強化されています。パナマ運河を採用する貿易ルートを採用する貿易ルートの恒久的価値及び世界的重要性は、過去・現在の実績により確認されています。世界貿易のグローバル・ネットワークの一環としてパナマ運河の価値は、現在も向上し続けています。

世界への接続性

パナマ運河はこれまで、操業から100年以上に渡り、世界の商業、輸送及び連結性の成長、向上に一役を果たしてきました。その開通から一貫して、製造センターから消費者に届くまでの時間・コスト・距離の低減を実現する事で、世界の商業を変えてきました。 現在地峡を横断するパナマ運河は160ヶ国の1700もの港に到着する144の海上輸送路をつなぐ、世界でも有数の交通・物流・及びサービスセンターとなりました。 運河の連結性を保ち、効率的機能を保証する為、常に維持・管理工事・近代化・及びスタッフの育成に投資してきました。

第98回:世界一周106日間クルーズ:キューバ

第98回◆ピースボート世界一周クルーズ:ノルウェー

5つ星ホテル 香港黄金海岸酒店 香港ゴールドコーストホテルに宿泊してみた!

立地条件抜群!初めての台湾ならシェラトングランド台北に宿泊しよう!

南米周遊10日間一人旅:1日目(日本時間)

KE756便:今は無き廃止路線、中部⇒済州島

SA287便南アフリカ航空ビジネスクラス航空旅行:香港⇒ヨハネスブルグ線

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る