ANA306便(JA90AN)新機材のプレミアムクラスレビュー那覇⇒中部国際空港

ANA305便は定刻より15分早い13:45に到着したので若干予定より余裕のある滞在時間となりました。

少し最終着陸態勢の頃からお手洗いを我慢していた事もあり、到着後一番近いお手洗いに駆け込みました。実際は歩いて向かいましたけど、気持ち的に急いでましたね。

勿論飛行中に2回程お手洗いを利用しましたし、セントレアに到着後航空機を利用するまでに3回お手洗いを済ませていますので余裕はある予定でしたが、お手洗いが近い私は何度もお手洗いに時間が取られてしまっている。

大学の講義が90分なので毎回講義終了後お手洗いに直行していました。



高校までは45分だったので余裕だったのですが、流石に90分は自分の中ではリミットの限界値。

ちょっと汚い話はここまでにしときましょう。

ANAラウンジ那覇にはSFC修行時(2020年1月)に訪れており、位置や雰囲気は知っていますがスイートラウンジは初めてだったので緊張と動揺が少し湧いてきてしまった。入室時スイートのラウンジに入る場合入室前のタッチする機械がどこにあるのか少し迷ってしまいましたが直ぐに解決。一瞬で見つける事が出来ました。

 

といっても若干キョロキョロしてしまいましたけどね。

時間がないので、シークヮーサージュースだけ頂き搭乗ゲートへと向かった。

 

 

ANA305便 中部国際空港⇒那覇 新型B737-800型機プレミアムクラス搭乗機(JA90AN)

ANA305便中部国際空港⇒那覇の搭乗レビューはこちらです。

 

往路で利用した機材とクルーが同じですのでちょっと恥ずかしいけど何だか落ち着きますね。我が家に戻ってきたかのような雰囲気を味わう事が出来るのも、タッチ(日帰り)の醍醐味である。

A36番ゲートに到着してA36番ゲートから出発する。



時刻表上では40分の滞在ですがANA306便の搭乗案内時間を考慮すると実際は20分程しか余裕はなく、到着後直ぐにお手洗いを済ませていた私に与えられた時間は僅か10分の猶予だった。

航空機までの動線には沖縄らしい蘭の花が飾られており、到着時出発時の思い出のひと時を演出している。

ブログ執筆中にANA公式サイトで座席について調べてみたところ、「個人モニター付き電動シートを採用しました。多彩なエンターテイメントプログラムをお楽しみいただきながら、ごゆっくりお過ごしください。」と記載されており、機能紹介では「パーソナルライト」「パソコン電源」「USBポート」「電動リクライニング」「個人用モニター」となっていたが、B737-800には個人用モニターは搭載されてないので、A321と同じシートでもちょっと機能が落ちてしまう。

シートピッチを調べてみるとB737やB767は同じ広さの127cm、B737-800従来型と比べ若干重厚感があるせいか、ピッチが幾分狭く感じた。逆にB737-700は-800従来型と比べ凄く広く感じたので、要は足元の空間が広いか狭まっているかによって視覚が変わってくるのだろう。

 

 

<機内食メニュー>

■ハンバーグとアボカドのサンドイッチ

■菜の花とタマゴのロールサンド

■合鴨スモークと人参マリネ

 



■ハンダマのコールスローサラダ

■フルーツ

■ANA FINDELISH (ファインデリッシュ)

ANAシェフ監修のお菓子

往路(ANA305便中部⇒那覇)とは違い、機内食は軽食が提供される。

沖縄タッチ(日帰り旅行)ですので往路と同じぐらいのボリュームがある機内食だと恐らく食べきれない、もしくはお腹いっぱいだけど少し無理に口へ運んでしまう感じになりそうなので、軽食が無難かもしれません。

「合鴨スモークと人参マリネ」、これがこの箱の中で一番おいしかった一品である。普段サンドイッチよりパン、パンより御飯派の食事を地上で頂いているので、ちょっとこの品揃えは好みではありません。

 

 

中でも「ハンダマのコールスローサラダ」は一番苦手な品目でしたので、機内食の中で一番最初に口へ入れた。

しかし普段サンドイッチを頂かないので、美味しく味わって完食しましたよ。

だって機内食が楽しみでプレミアムクラスを利用しているだから。

ANA FINDELISHのフィナンシェ「プレーン」「さくら」

こちらは自宅にお持ち帰りさせて頂きました。お腹には余裕があったのですが、自宅で抹茶と共に時間をあけて1個ずつゆったりと味わいました。

羽田発着ですとANAペストリーシェフ 相田 紀昭(あいだ のりあき)氏監修の「ANAペストリーシェフによる本格スイーツ」、

<抹茶のムース>or<シュークリーム>or<ベリーのプリン>が提供されるのだが、中部線はちょっとランクが落ちる。

 



 

相田紀昭氏のコメント

「限られた空間・時間の機内でも、ゆったりとくつろげる様な旬の素材の味を最大限に生かした、パティスリーの味をご提供します。」

ワガママを言わせてもらうとしたら那覇発ぐらいは羽田と同じクオリティーのスイーツを提供して欲しいですね。準備する手間は同じですからね。(笑)

ホット珈琲をシメに頂き到着までのひと時を過ごしました。

メインコースを頂いた時に気づいたのですがちょっとテーブルが一回り小さい感じ。



今までテーブルの広さの違いに関して意識はしていたもののメジャーで計るという作業を怠っていたので、4/13に同じく中部那覇線のANA305便を利用した際に測ってみたいと思います。勿論今回利用したこの機材はB737-800でも最新機材であるJA90ANなので恐らく今度は従来型の機材となるので、こちらのテーブルの広さは暫く不明となりそうです。

ANA306便は16:45に中部国際空港に到着するのですが、10分程那覇空港を早く出発したのでセントレアにも10分早く到着しました。本来であれば1秒でも長く機内に留まりたいのですが、地元の駅から自宅まで親の送迎がありますので可能な限り早めの特急を利用して帰路に着きたかった。

名鉄のアプリで指定席を取ろうとしたところ16:47発の特急岐阜行が最短で出発する事が分かったので16時35分に8番ゲートに到着した私は、ギリギリ間に合うと判断しドアオープン前に指定席券を発券した。

受託手荷物がなかったのでターンテーブルを素通りし、アクセスプラザにゆっくりと向かった。

 

 

交通系電子マネートイカがあるので乗車券を購入せずにホームに停まっている特急指定席に乗り込み帰宅したのであった。

乗車後3分ほどで出発したので、普通席の後方座席を利用していたら間に合わなかっただろう。

それでは次回の沖縄は4月13日、もうすぐです!

それにしても新機材のプレミアムクラスは快適だった。

従来型のプレミアムクラスの座席と比べパーテンションがこじんまりとしているのでプライベート感は少なくなった印象を受けましたが、開放感があり明るい機内でくつろぐ事が出来たので、やはり新機材の座席は皆さんにオススメしたい。

 

 

今度はA321のプレミアムクラスを利用してみたいですね。

昨年2020年1月中旬に羽田から石垣まで向かった際に、A321を利用したのですが、普通席だったので少し未練があります。



 

この記事も読んで欲しい!中部=石垣線/ヒルトン名古屋/ANA普通席で行く南米周遊

 

 

9月9日 ANA579便 中部国際空港⇒石垣 日帰りプレミアムクラス搭乗記

 



 

一休.comにて予約!ヒルトン名古屋エグゼクティブルーム宿泊 2020年12/23日~24日

 

南米周遊10日間一人旅:1日目(日本時間)

 



 

ANAダイヤモンド会員修行! 南ぬ島空港⇒中部国際空港 プレミアムクラス搭乗

 

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る