2020年 SFC修行 中国国際航空ビジネスクラスで行くニュージーランド

 

 

SFC修行とは何か?
一言で表現するとSFC修行とは、ANA会員である旅行者がスターアライアンスグループの航空会社を「出張(ビジネス)」又は「旅行」を遂行する為だけに航空機を利用した事により、奇遇によって上級会員資格獲得条件となる50,000PPを獲得するのではなく、航空会社の上級会員(ここでは、SFC)になる為だけに航空機を意図的に利用する事を言います。

※本記事では紹介致しませんが、日本航空を含むワンワールドアライアンスグループ系の航空会社にも上級会員制度があり上記と同じようにJGC修行と言われている修行があります。但しANAは距離に対しJALは回数をこなす事によって上級会員になるので、ANAと同じような修行では費用がより多くなってしまう場合があります。「JGC修行」に関してはご自身で調べて頂ければ幸いです。

2019年9月16日(月)に下記のフライトは全て発券、支払い済みとなっています。

①NGO-SIN-KUL

②KUL-NRT/HND-OKA-HND-KUL

③KUL-NRT/HND-ISG-HND-KUL

④KUL-SIN-NGO

⑤NGO-PEK-AKL

⑥AKL-PEK-NGO

シンガポール航空

[海外発券] 2020年SFC 修行します  1レグ目はシンガポール航空を利用

SFC修行の王道、海外発券ANAクアラルンプール発OKAタッチ

ANAJCBゴールドカード愛用者が、2020年SFC修行をする!

中国国際航空を利用し、南半球のニュージーランドを訪れます

SFC修行の最後の行程は、中国国際航空のビジネスクラスを利用してオークランドに足を運ぶ。

当初は引き続きクアラルンプールプール発券羽田経由ニューヨークのプレミアムエコノミーで発券する計画を立てていましたが、金額的にも中国国際航空の方が安くビジネスクラスを利用でき、獲得マイルも125%と好条件だったので、迷わず航空券を発券してしまった。

2018年にヨハネスブルグから北京経由で中部国際空港への帰路に利用した中国国際航空ビジネスクラスのサービスが気に入り、SFC修行に相応しい、「長距離線ビジネスクラス」に採用した。

中国国際航空 CA159便「何ちゃってファーストクラス」搭乗レビュー 北京⇒中部

CA160便にて北京に到着するのは11:15、そして北京からオークランドに向かうCA783便は翌日の1:05という事なので、一度北京に入国し、空港周辺を観光しても良さそうだ。以前も10時間程トランジット(乗り継ぎ)時間があったが、中国国際航空ビジネスクラスラウンジの仮眠室で過ごしていたが、3月という事を考えると日中なら軽く電車の旅をしながら車窓を楽しみたい。

2018年11月にも中国国際航空ビジネスクラスラウンジを訪問したので、下記のブログもご覧下さいませ。

Beijing:Air China Business Class Lounge Review!

 

 

 

 

 

 

 

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る