[海外発券] 2020年SFC 修行します  1レグ目はシンガポール航空を利用

SFC修行

SFC修行とは何か?
一言で表現するとSFC修行とは、ANA会員である旅行者がスターアライアンスグループの航空会社を「出張(ビジネス)」又は「旅行」を遂行する為だけに航空機を利用した事により、奇遇によって上級会員資格獲得条件となる50,000PPを獲得するのではなく、航空会社の上級会員(ここでは、SFC)になる為だけに航空機を意図的に利用する事を言います。

※本記事では紹介致しませんが、日本航空を含むワンワールドアライアンスグループ系の航空会社にも上級会員制度があり上記と同じようにJGC修行と言われている修行があります。但しANAは距離に対しJALは回数をこなす事によって上級会員になるので、ANAと同じような修行では費用がより多くなってしまう場合があります。「JGC修行」に関してはご自身で調べて頂ければ幸いです。

王道路線をレビュー:クアラルンプール=成田/羽田=那覇=羽田=クアラルンプール

ANAJCBゴールドカード愛用者が、2020年SFC修行をする!

海外発券はお得という事はSFC修行をされた事がある人や、これからされる人の多くは聞いた事があると思いますが、「海外発券」をしたという事は発券先である国までの往復航空券を購入する必要があります。

今回はクアラルンプール発券でANA国際線プレミアムエコノミーを予約したのだが(上記のブログをご覧下さいませ)、私が拠点としている中部国際空港セントレアからクアラルンプールへの航空券は別途で購入する必要がある。

候補として挙がったのは下記の3候補だった。

①中国国際航空ビジネスクラス(中部=北京=クアラルンプール)

⇒182,480円

②タイ国際航空エコノミークラス(中部=バンコク=クアラルンプール)

⇒109,170円

③シンガポール航空(中部=シンガポール=クアラルンプール)

⇒131,260円

タイ国際航空

中部国際空港を11:00に出発するTG645を利用し、同日にバンコク経由でクアラルンプールに到着するルートとなるが、SFC修行で利用する運賃種別はFREXIの100%加算を利用する。最安値では40,000円台で購入出来るのだが、SFCは安い運賃を選択するのではなくPP単価を重視して航空券を購入する。

PP単価とはプレミアムポイントの事で、SFC修行をする最大の理由はこのポイントを50,000PP以上を貯め、プラチナ会員のステータスを獲得できるか出来ないかの判断基準になっている。

燃料サーチャージ込で11万円以下であれば、一般的な海外旅行の航空運賃と比べれば高いですが、SFC修行では安いぐらいです。しかしPP単価は悪いので、タイ国際航空が好きな方や微笑みの国が好きな方にはオススメなルートですが、個人的には利用しない方がいいと思います。

中国国際航空[中部=北京=クアラルンプール]

 

 

最もオススメなのは中国国際航空のビジネスクラス。今回私は敢えて利用しませんでしたが、断然中部(日本)=北京=クアラルンプール線のビジネスクラスがいいだろう。

ネタバレとなってしまいますが、中国国際航空のビジネスクラスはクアラルンプール線ではなく「中部=北京=オークランド」線で利用する為、選択を外しました。勿論中国国際航空のビジネスを利用する手もあったのですが、後でお話する「シンガポール航空の787-10」を利用してみたかったという理由で発券はしませんでした。

PP単価を抑えるなら断然中国国際航空ですが、「空の旅」も様々な航空会社を利用したいので、SFC修行では可能な限り被らない航空会社を選択した。

私の行程では航空券の総額は182,480円となっていますが、日程を変えれば15万円前後で発券出来る日もあるので、ご自身の予算に合わせ発券してみるといいでしょう。

ただ注意して欲しいのは中国国際航空のマイレージ会員であれば150%加算となりますが、皆さんが保有しているAMCカードでは125%加算になってしまいます。

難点なのはクアラルンプール到着時間が23:00を超える事。海外旅行慣れしている方でも23時にクアラルンプールに到着し、クアラルンプール中心部に移動すると25時頃になってしまう。クアラルンプール市内までは電車で約30分、バスで1時間の距離に位置しているので、初日は空港ホテルに宿泊するといいかもしれない。

中国国際航空 CA159便「何ちゃってファーストクラス」搭乗レビュー 北京⇒中部

クアラルンプール国際空港から市内(KLセントラル)へのアクセス

運行時間:KLIA2発は始発04:55~終電00:55発

(KLIA発は05:00~01:00発)

KLセントラル駅からは始発05:00~00:40

所要時間: KLIAとKLセントラル駅は28分、KLIA2とKLセントラル駅は33分

料金:大人片道55リンギット/往復100リンギット

   子供片道 25リンギット/往復45リンギット

空港からKLセントラル駅への直行バスは30分に1本

所要時間:1時間程度~

料金:KLIA、KLIA2からKLセントラル駅まで

大人片道10リンギット/往復18リンギット、

  子供片道 6リンギット/往復10リンギット

シンガポール航空[中部=シンガポール=クアラルンプール]

私が選択したのは、シンガポール航空のエコノミークラス131,260円で予約クラスはEである。

Eクラス運賃では前方の席を選択できるのだが、翼後方の席が好きなので、60番台の座席を選択した。

 

 

第98回◆ピースボート世界一周クルーズ:シンガポール

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る