ANAJCBゴールドカード愛用者が、2020年SFC修行をする!

SFC修行とは何か?
一言で表現するとSFC修行とは、ANA会員である旅行者がスターアライアンスグループの航空会社を「出張(ビジネス)」又は「旅行」を遂行する為だけに航空機を利用した事により、奇遇によって上級会員資格獲得条件となる50,000PPを獲得するのではなく、航空会社の上級会員(ここでは、SFC)になる為だけに航空機を意図的に利用する事を言います。

※本記事では紹介致しませんが、日本航空を含むワンワールドアライアンスグループ系の航空会社にも上級会員制度があり上記と同じようにJGC修行と言われている修行があります。但しANAは距離に対しJALは回数をこなす事によって上級会員になるので、ANAと同じような修行では費用がより多くなってしまう場合があります。「JGC修行」に関してはご自身で調べて頂ければ幸いです。

・ブロンズ会員=30,000プレミアムポイント(年間)

・プラチナ会員=50,000プレミアムポイント(年間)

・ダイヤモンド会員=100,000プレミアムポイント(年間)

30,000プレミアムポイント(以下PP)を獲得すればスターアライアンスシルバー会員であるブロンズ会員というステータスがありますが、ブロンズ会員では座席のアップグレードと空席待ちの優先以外のサービスの恩恵は受けられず、上級会員の醍醐味であるラウンジや専用保安検査場、そして好評の優先搭乗などの制度は、SFC修行で目指すプラチナ会員以上の会員に与えられるサービスである。

100,000PPを獲得するとダイヤモンド会員のステータスが付与されますが、50,000PPのプラチナ会員との違いはANA LOUNGEをプラチナ会員が利用できるのに対し、ダイヤモンド会員は主にファーストクラス利用客が利用する事が出来る ANA SUITE LOUNGEを利用でき、国内線特典航空券の優先サービスの2点の違いがある。

上記の点をまとめると下記のようになります。

ブロンズ会員は下記の2点のみサービスが受けられます

◆座席のアップグレード
◆空席待ちの優先

ダイヤモンド会員が受けられる(プラチナ会員以外のサービス)

⇒下記の2点以外はプラチナ会員と略同じ

国内線特典航空券の優先
ANA SUITE LOUNGE

プラチナ会員&ダイヤモンド会員共通サービス

ANA LOUNGE
ANA国際線特典航空券優先
座席のアップグレード
空席待ちの優先
プレミアムエコノミーへ無料変更
専用保安検査場の利用
優先搭乗の利用
国内線予約の先行受付
プレミアムポイント(PP)とは?

プレミアムポイントとは、ANAプレミアムメンバーの認定をする上で、必要不可欠な基準となっており毎年1月~12月の12カ月間にフライトマイルとは別に積算されるポイントです。昨年の年間で獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用頂ける基準となるポイントである。

ここで注意して頂きたいのが、マイルやマイレージが一般的に有効期限が獲得日から3年間あるのに対し、プレミアムポイント(PP)に関しては1/1~12/31の12ヶ月の間に獲得したPPとなっており、5/1~4/30の12ヶ月といった年を跨ぐ事は出来ませんので注意してください。

「修行で49,850PP貯めて、残りは年明けに乗るぞ!」と知らずに意気込んでいたら、年明けのあなたはプラチナ会員の色のように青ざめてしまいますよ。

マイルとマイレージの違い

◆マイル=「買い物」の決済によって付与されるポイント

◆マイレージ=「航空機を利用する」事によって付与されるポイント

マイルとマイレージを同じだと思っている方も多いですが、厳密には違います。分かりやすくお話すると、マイルはセブンイレブンや高島屋、ネットショッピングなどの「買い物」による決済によって100円で1マイルとか付与される事を指し、マイレージとは航空会社のマイレージプログラム、正式名はFFP(Frequent Flyer Program)と呼ばれているものがあり、航空機を利用した事によって得るポイントをマイルと呼び、同じ区間を利用したとしても予約クラス(Y・E・Q)によって獲得マイルが変動する。

SFC修行の王道! KUL発券OKAタッチの魅力

序章はここまでにして、本題に移りたいと思う。

SFC修行の大まかなイメージは付いたと思いますので、私の修行ルートについて紹介していきたい。

①NGO=SIN=KUL
②KUL=NRT/HND=OKA=HND=KUL
③KUL=NRT/HND=ISG=HND=KUL
④KUL=SIN=NGO
⑤NGO=PEK=AKL
⑥AKL=PEK=NGO

①=④:シンガポール航空(エコノミークラス)

②=③:ANA(プレミアムエコノミー)

⑤=⑥:中国国際航空(ビジネスクラス)

今回は②&③の航空券について述べたい。

KUL発券とはクアラルンプール発券という意味であり、通常クアラルンプールにANAで旅行や出張で行く場合、「地方=羽田=クアラルンプール」のような行程でフライトを予約するのが一般的だが、KUL発券では文字通り海外の発券であり、「クアラルンプール=羽田=地方」といったルートを選択する。何故こんなに変わった発券方法を選択するかというと、修行では外せないプレミアムエコノミーの座席が日本発券より安い上、マイレージ加算率が100%とPP単価(詳しくは後ほど)を低く抑える事ができるからである。

上記は私が発券した同じ行程、同じ日程のルートを日本発券で予約した場合の運賃である。

【日本発券】

プレミアムエコノミー(加算率100%) G    

OKA=HND=KUL=HND=OKA  259,430円

【クアラルンプール発券】

プレミアムエコノミー(加算率100%) E     

KUL=NRT/HND=OKA=HND=KUL 99,700円

予約クラスはシステム上違うものの、SFC修行には欠かせない加算率と最も重要な予約クラスEの運賃がクアラルンプール発券にする事で16万円以上お値打ちになります。勿論クアラルンプール発券にしたという事は別に日本=クアラルンプール往復チケットを購入する必要がありますが、予約クラスEの場合、100,000~150,000円程でエコノミークラスを手配する事が出来ますので、SFC修行のようにプレミアムポイント(PP)の加算を目的としている場合はうってつけの方法でございます。

ANA PREMIUM ECONOMY CLASS の魅力!

【プレミアムエコノミー利用時に受けられるサービス】

◆ANAラウンジ利用

◆機内アメニティー

◆プレミアムエコノミー限定メニュー

◆ワンランク上(プレミアムエコノミー+a)の機内サービス

※2019年9月30日をもって「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「SFC会員」に行っていた「当日に空席があればプレミアムエコノミー席に無償アップグレード」サービスを終了する事が決定しております。これを改悪と述べている意見もありますが、私のような新規でSFC会員を目指している方や、企業の収益アップにも繋がるので個人的には一概に改悪とは思いませんが、自分がSFC会員になった暁には残念な気持ちになる事が予想されます。

実際に発券した運賃と行程を紹介

2019年8月25日の午前中に発券した運賃を紹介致しますが、2019年9月2日に予約クラスEであるBasic Plusの運賃が値上がりした為、執筆時である9月10日(火)現在、115,000円~125,000円で推移している。

Twitterでも呟いたのですが、私はKUL発券2往復分値上げの1週間前に購入したので良かったのですが、もう少し発券が遅ければ+42,840円の出費となってしまい、「KUL滞在型SFC修行にとっては非常に痛い思いをする事でした。まだホテルは予約していないのですが、約4泊分のホテル代と略同額の値上げとも言えそうです。

Basic        (N) 94,400円⇒加算率70%

Basic Plus (E) 99,700円⇒加算率100%

SFC修行ではプレミアムクラスを利用するのが一般的ですが、予約クラスでは①Basicと②Basic Plusの運賃の2拓となりますが、後者の②Basic Plusをオススメする。BasicとBasic Plusの運賃差額は+5,000円となっており、一見Basicの94,400円を選びがちですがSFC修行ではBasic Plus の99,700円を選択すると良いでしょう。

その理由は、予約クラスが Basic70%なのに対し Basic Plusは100%となっている事である。この差額5,000円に関しては、頻繁に海外旅行に行く旅行者であれば修行に限らず、99,700円のBasic Plusの運賃を選択すると良いと思います。

成田/羽田線に投入されている機材はB787-9で、エコノミークラスとビジネスクラスの間に位置しているのがプレミアムエコノミー席。座席配列は2-3-2の計14席のエコノミークラスでありながら落ち着いた空間でフライトを楽しむ事ができる。プレミアムクラスはエコノミークラスの中では上位の予約クラスに位置づけられており、旅慣れた旅行客やビジネスマンが多く利用しているクラスでもあると共に、私が利用するクアラルンプール=成田線はSFC修行僧の溜まり場でもある。

行程のまとめ



※全ての航空券を発券及びホテルの手配をした後、掲載致します。

特典航空券総額11万マイルで行く!NH875便 中部⇒香港 ビジネスクラス「航空旅行」

凶悪犯罪多発!「世界一危険な都市」ヨハネスブルグに突撃①booking編

特典航空券総額11万マイルで行く!NH875便 中部⇒香港 ビジネスクラス「航空旅行」

キャセイパシフィック航空CX530便TPE⇒NGO

中国国際航空 CA159便「何ちゃってファーストクラス」搭乗レビュー 北京⇒中部

第98回◆ピースボート世界一周クルーズ:船内紹介「世界湯」

第98回◆ピースボート世界一周クルーズ:ギリシャ①

南米周遊10日間一人旅:1日目(日本時間)

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る