飛鳥Ⅱ 温もりは、船の贈り物!

 

飛 鳥 Ⅱ

 



 

ワンナイトクルーズから、世界一周クルーズまで楽しめる。日本船籍最大の客船。和のおもてなし世界水準の設備が融合した特別な空間が、ファンを魅了している。

2015年以来3年ぶりに行われた飛鳥Ⅱの「2018年世界一周クルーズ」は即日完売という人気ぶりで2018年12月には、日本外航客船協会が主催する「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2018」のグランプリと初の国土交通大臣賞を受賞。

さらに2019年2月にはクルーズ専門誌「CRUISE」(海事プレス社)の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」の総合部門・日本船部門の2部門で、飛鳥Ⅱが27年連続第1位を獲得。そのクルーズの質の高さと人気がゆるぎないものである事を、改めて世に知らしめた。

初代飛鳥が誕生したのは1991年、1996年には日本船で初めてレジャーとしての世界一周クルーズを実施。

飛鳥の人気の高まりを受け、2006年に誕生したのが飛鳥Ⅱだ。クリスタル・ハーモニーを改装して生まれた飛鳥Ⅱは5万142トンと外国船に引けを取らない大きな船だけに、ゆったりとくつろげるスペースの多さや施設の充実ぶりは日本船随一だ。

豪華で多彩な船内施設

夕食はフレンチや和食を堪能出来るメインダイニングの「フォーシーズン・ダイニングルーム」や、上級客室のロイヤルスイートとアスカスイート専用の「プレミアダイニングプレゴ」の他、寿司を楽しみたいなら有料レストラン「海彦」という選択もできる。

朝・昼はビュッフェスタイルの「リドカフェ&リドガーデン」でカジュアルに楽しみのもいい。

夜は「マリーナーズクラブ」や「ピアノバー」でひと時を過ごすのもお洒落。「ギャラクシーラウンジ」では上質なショーやコンサートが開催され、「モンテカルロ」ではカジノ気分も味わえる。日差しが降り注ぐ、「パームコート」や眺めの良い「ビスタラウンジ」、潮風の心地よいプールサイドと、心地よいプールサイドと居心地よい場所がたくさん。華やかな雰囲気が漂う飛鳥Ⅱにおしゃれをして乗ること自体が特別な体験だ。

「大浴場がある、日本人が作った和食が楽しめる、日本語で過ごせる、という日本船の良さが根幹にありつつ、充実したパブリックスペースやサービスされ過ぎない事に居心地の良さを感じるお客様が多い」とフロントオフィサーは語る。

飛鳥Ⅱから広がる世界

週末の2泊3日、無寄港で特別ゲストのショーと有名シェフによる美食を満喫する「A-styleクルーズ」は飛鳥らしいプレミアクルーズだ。人気アーティストによるスペシャルステージや大相撲や宝塚、文学などテーマや話題性のあるクルーズも多く、船内イベントも参加しきれない程、開催される・

飛鳥Ⅱで一流の文化に触れた事がきっかけで日常でも新たな趣味の世界が広がる人も多いとか。人生を豊かにしてくれる船に魅せられ、1000泊、2000泊を達成した熱烈ファンもいる。

2020年も飛鳥Ⅱは4月から103日間で16ヶ国25寄港地を巡る世界一周の旅に出る。和のおもてなしと共に世界の港をダイナミックに巡る飛鳥Ⅱの旅が、また多くのファンを魅了する事だろう。

ワールド・クルーズの魅力

「世界一周クルーズ」が好評の飛鳥Ⅱ。飛鳥Ⅱならではの人気な理由と魅力を掘り下げます。

2018年6月:ピースボート世界一周クルーズにて:スエズ運河

1、船旅ならではの大迫力の景観との出会い

「スエズ運河やパナマ運河の運行、ヨーロッパとアフリカの間を行くジブラルタル海峡、手つかずの自然を体感できるノルウェーのフィヨルドやアラスカの氷河、美しい港など、船旅だから楽しめるビューポイントが満載

2、寄港地ツアーや特典が凄い

「2018年世界一周クルーズ」ではボストン美術館閉館後を飛鳥Ⅱの乗客だけで鑑賞。「2020年世界一周クルーズ」でもケネディ宇宙センター半日観光の特典やウフィツイ美術館・メトロポリタン美術館の特典見学などの寄港地ツアーを予定しています。

3、ロングクルーズならではの船内イベント

「世界の寄港地で仕入れた果実を味わえるフルーツビュッフェや、海域に合わせた料理をプールサイドで味わえるデッキディナーはロングクルーズならでは」船内の多彩なプログラムを通じて新たな趣味に出会う事も

写真:飛鳥Ⅱ大浴場(2019年以降にリニューアル計画)

4、和食とグランドスパでくつろぎながら世界へ

朝食と昼食には和食と中心としたメニューも用意されるのも、展望大浴場で手足を伸ばせるのも日本ならでは。「寄港地ツアーも殆ど日本人エスコート付きで、日本にいるかのようにクルーズができる環境が整っている

5、早めに申し込むとお得に楽しめる

「2020年世界一周クルーズ」は早期全額支払い割引や早期申込割引などが適用される。「早めのお申し込みがお得である」

キャビン比較

全室にシモンズベット&うれしいバスタブ完備

飛鳥Ⅱの客室では全室にシモンズと共同開発したマットレスを完備、(3名利用のソファーベットは除く)して快眠を追求。バスタブが全室がに付いているのは日本船でお飛鳥Ⅱだけ。

バルコニー率が6割と高く、バルコニーのないステートルームやディートリプルも角窓が付いている。

資料写真:飛鳥Ⅱプレゴ夕食

クルーズならではのバルコニーで朝食を

スイート以上は朝・昼・夕食を部屋まで運んでもらえる「インルームダイニングサービス」のほか、ウェルカムスパークリングワインなどサービスが。ロイヤルスイートとアスカスイートなら夕食専用の「プレミアダイニング」プレゴで味わえる。

2000泊達成が2名に

プラザデッキのライブラリー近くの一角に飛鳥・飛鳥Ⅱで1000泊、2000泊を達成した乗客の名前を刻んだプレート、「クルーズマイルストーン」が掲げられている。2018年に2000泊達成者がついに2名に

インスタ始めました

2018年の世界一周クルーズからインスタグラムがスタート。リアルタイムな情報や寄港地の写真が見られてホームページやパンフレットだけでは分からない、飛鳥Ⅱのクルーズの雰囲気を知る事ができる。

記念日の嬉しいサービス

乗船中に誕生日や結婚記念日の人やハネムーンナーには特製デザートプレートと生演奏で祝い、記念品を贈呈。ダイヤモンド婚式、金婚式、銀婚式の月の乗船には写真とカクテルを贈呈。特典を受けられる条件の詳細を確認

函館寄港が100回目に

横浜出航の2019年8月19日から22日の「夏の函館・伏木クルーズ」で飛鳥と飛鳥Ⅱの通算で函館寄港100回目になる予定。函館では地元の人達による催しや特産品贈呈など行われ港からJR函館駅へシャトルバスも運行予定だ。

ベビーカーでもラクラク

ベビーシッタールームのある「ハッピーファミリークルーズ」など「小さな子供と一緒でも乗りやすい」クルーズもある。船内やデッキはベビーカーで移動できママや子供もご機嫌だ。

船内は美術品がいっぱい

飛鳥Ⅱの船内のあちらこちらに美術品が飾られ、豪華な空間を演出している。なかでも「グランドスパ」のあるスカイデッキの階段にる田村能理子さんの壁画、「花箋」は必見。

オススメなクルーズ

HULA ON ASUKAⅡ

トロピカルな船内でフラ伝承者のショーを堪能

2019年で10回目の開催となる人気のクルーズ。2019年9月14日に横浜を出航し16日に横浜港に戻る。フラ伝承者のオラナ・アイとファミリーによるショーをはじめ、ハワイアンビュフェなどの食事やハワイアン手芸などのカルチャー教室など船内はハワイアンムード

阿波踊り・高松花火クルーズ

毎年大人気の夏クルーズの決定版

人気の花火、お祭りクルーズの中でも熱気あふれる阿波踊りと四国最大級の高松花火を満喫できるか、2019年8月11日~16日の「阿波踊り・高松花火クルーズ」。阿波踊りは観覧席から楽しめるだけでなく、「飛鳥連」に加わって躍り込みのツアーも

充実のハッピーファミリークルーズ

GWと夏休みはファミリー向けのサービスも

GWと夏休みに行われる4つのクルーズはお得な子供代金の設定(2歳以上小学校まで)がある「ハッピーファミリークルーズ」。キッズイベントも行われ、無料で0歳から未就学児を預かるベビーシッタールームやポーネルンドとコラボしたキッズルームを設けられる。

郵船クルーズ

1989年にクリスタルクルーズジャパンとして設立。翌年郵船グループに社名変更。1991年に日本郵船所有の「飛鳥」の運行を開始し、2000年に「飛鳥」を買い取る。2006年にはクリスタル・ハーモニー」を購入し「飛鳥Ⅱ」に改装

2006年に「飛鳥」を売却し「飛鳥Ⅱ」を就航。

客 室  


※資料写真:飛鳥Ⅱキャビン

Sロイヤルスイート/バルコニー付き/ 88.2平米

室内設備…プライベートバルコニー付き、リビングルーム、ダイニングエリア(シンク付き)、セパレートベッドルーム、ツインベッド、バスルーム(海側、ジャクジー付き)、ウォークインクローゼット、シャワー付きトイレ、ゲスト用トイレ、CDプレーヤー、ブルーレイプレーヤー、テレビ(リビングルーム・寝室)、コーヒーメーカー、冷蔵庫、金庫、双眼鏡、ドライヤー、浴衣(大人用のみ)、バスローブ、バスアメニティ、アメニティ(資生堂スキンケア)、室内インターネットサービス、ノートパソコン、プリンター

※エキストラベッド使用で3名での利用可

 

Aアスカスイート/バルコニー付き45.8平米

室内設備…プライベートバルコニー付き、リビングエリア、ツインベッド、バスタブ(ジャクジー付き)、シャワーブース、シャワー付きトイレ、ウォークインクローゼット、テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、金庫、ドライヤー、バスローブ、バスアメニティ

※備えつけソファベッド使用で3名での利用可。

 

Cスイート/バルコニー付き33.5平米

室内設備…プライベートバルコニー付き、リビングエリア、ツインベッド、バスタブ(ジャクジー付き)、シャワーブース、シャワー付きトイレ、ウォークインクローゼット、テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、金庫、ドライヤー、バスローブ、バスアメニティ

※備えつけソファベッド使用で3名での利用可。

※車椅子利用の方の客室も2室あり。

D/Eバルコニー/バルコニー付き22.9平米

室内設備…プライベートバルコニー付き、ツインベッド、バスタブ、シャワー、シャワー付きトイレ、テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、金庫、ドライヤー、バスアメニティ

 

 

Dトリプル/角窓(バルコニーなし)22.9平米

室内設備…角窓(バルコニーなし)、ツインベッド、ソファベッド、バスタブ、シャワー、シャワー付きトイレ、テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、金庫、ドライヤー、バスアメニティ

※3名での利用が基本。

 

F/Kステート/角窓(バルコニーなし)18.4平米

室内設備…角窓(バルコニーなし)、ツインベッド、バスタブ、シャワー、シャワー付きトイレ、テレビ、DVDプレーヤー、冷蔵庫、金庫、ドライヤー、バスアメニティ

※一部では、3人目が未就学児の場合に限り、ソファベッド使用で3名での利用可。

※Kステートは眺望がさまたげられる。

 

 

 

飛鳥Ⅱ


就航年

2006年

船籍

日本

総トン数

5万142トン

全長

241m

全幅 29.6m
喫水

7.8m

速度 21ノット
最大乗客数 872人
クルー 470人
乗員乗客比率 2.46人
スペース比率 57.50トン
デッキ数 9階
客室数

436室

ベランダ付き比率 60%
窓なし比率 全室海側
バスタブ比率 100%
プール数 1
ジャグジー数 8
レストラン数 7
ルームサービス あり
バー数 6
船内言語 英語・日本語
改装 なし

 

 

 

 

第98回:世界一周106日間クルーズ:キューバ

SA287便南アフリカ航空ビジネスクラス航空旅行:香港⇒ヨハネスブルグ線



特典航空券総額11万マイルで行く!NH875便 中部⇒香港 ビジネスクラス「航空旅行」

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る