必見!CASINO(カジノ)で理論上100%勝つ方法!

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

ニューヨーク市内、JFK空港近くに競馬場も併設したカジノ「Resorts World Casino New York City」で実践。
130$⇒200$⇒170$⇒260$⇒340$、利益は30分で210$とサラリーマンの約2日分の給与を稼いだ事になる。
これから紹介する方法は一度に10倍、20倍、35倍と一度に儲かる方法ではなく、あくまでも2~5倍という地道で、比較的リスクの低い方法でベットしていく道筋を紹介していきたいと思います。
世界中を飛び回っている私は、現在23歳になりカジノがあれば足を運ぶようにしている。
成人になっても21歳以下は入場が出来ないという国があり、残念な思いをした私であるが、カジノルーレットのルールは勿論テクニックも掴むようになり、ギャンブルから投資へと意識を変える事が出来き、それからはトータルでプラスの利益を生み出す事に成功するようになった。トータルとは一回の旅行で数日間に渡ってプレーした場合で、初日はマイナスでも次の日にプラスとなればOKとしている。しかし、私は観光に重点を置いているのでカジノをやる場合、30分~長くても70分ぐらいに抑えています。
カジノは長くやればいいのではなく、普段は少なめのベットでプレーし、確率論ですので、行けると踏んだ時に大きくかける(1万円以下)をする事で、少しですがプラスになる場合が多いです。

カジノ ルーレットの基本ルール

ルーレットはブラックジャックや、バカラ等のテーブルゲームとは違い、専用チップを使う為、現金か既に持ってるチップをディーラーに渡し、交換してもらう事からスタートします。

交換したチップをシート上の賭けたい場所に、チップを自由に置いていきます。

※自分が置きたい場所に誰かが賭けていたら、隣に置くのではなくそのチップの上に重ねて置きます。

ディーラーがウィール(回転盤)の中で、ボールを指で弾いて回してから「ノーモアベット(No more Bet)」と言うまで、追加したり、枚数に制限は無いので、何カ所賭けても構いません。

但し掛金制限がありますので、テーブルで確認すると良いでしょう。

締め切り後に、当たり番号が決まると、ディーラーがピック(マーカーのようなもの)と呼ばれるアイテムを、シートの当たり番号に置きます。

外れたチップを先に回収、次に配当が配られます。

ディーラーがピックを引きあげたら、自分のチップを回収して良い合図です。

※ゲームをやめる場合は、専用チップをディーラーの方へ、テーブル上で寄せるか、キャッシュアウトと言えば、カジノチップへ戻してくれます

・フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)

「0」を含む、37個の数字で構成されてます。

アメリカンとフレンチ(ヨーロッパ)の違いは、「00」を含むか含まないかの差

38分の1と37分の1であれば、37分の1の方が、当たる確率は必然的にあがります。

カジノをプレーする場合、多くの人は予算(軍資金)を予め決めていると思いますが、損切りラインを決めている方は少ないのではないでしょうか?カジノをプレーする上で大切なのは、軍資金を使い切らない事です。私の場合予算は大抵200$で損切りラインは50~80$に設定しております。軍資金を全て使い切ってしまいますと精神的に大きなダメージを受けてしまいますが、25~40%のラインを残していくだけでも、気持ち的に楽になると思うので、「損切りラインの設定」をおすすめしております。

ルーレットの数字全体の

1/3を当たりとし(利益確定)

1/2でフォロー(±ゼロ)

1/6でハズレとなります。

1/6のハズレを引く前に

1/3の当たりを引けばオーケーです。

1/2で現状維持です。

また、運悪く1/6のハズレを引いてしまっても、6段階のフォローシステムがあります

ので、安心です。

ルーレット

5ドル約520円からベットしてこつこつ稼ぎましょう。

このベット法では、

1/3で当たり、

1/2で±ゼロ、

1/6でハズレとなります。

(数字0は考慮していませんので大まかな確率となります。)

またはその逆の「19から36」に1単位、「最初の12」に1単位ベットします。

合計2単位のベットとなります。どちらのパターンにするかは自由となります。固定する

必要もありません。

①スピンボタンを押して、ダズンに来れば利益確定となり、1単位増えます。初めに戻り

ます。

ハイローに来た場合トントンとなります。再びベットしてダズンの当たりを待ちます。

②ハズレを引いてしまった場合、ベットする単位を上げて追い上げます。

③1単位を5ドルとした場合、次からは

5$→10$→ 15$ → 20$ → 40$ → 90$ と追い上げます。

④これ以上の追い上げは費用対効果の面から好ましくないのと、またマキシマムベットに

引っかかり易くなります。

⑤追い上げの過程でいつか1/3を当てれば良く、確率的にも相当あたり易いはずです

が、何事も「絶対」はありませんのでご了承下さい。

⑥資金に余裕のある方は、1単位を10ドルや20ドルにされても構いませんが、テーブ

ルリミットを良くご確認ください。

「ヨーロピアンルーレット」の画像検索結果

最後に分かりやすく例を挙げていきましょう。

専門用語ではココモ法というのですが、ココモ法とは負け続けても最後の最後に1回勝てばトータル収支をプラスにすることができる方法のひとつです。ココモ法は主に配当が3倍以上のゲームに使用するのが適しています。

軍資金400$があるとします。

2倍、本番では(2to1)と書いてある場所に下記の表に書いてある金額を順にベットしていきます。

但し一度置いたマスの目を固定して頂き、勝ちの目が出るまでポジションを変えない事を前提としております。

回数 1 2 3 4 5 6 結果
ベット金額 10$ 20$ 40$ 80$ 160$ 310$
損失額 -10

-10$

-20

-30$

-40

-70$

-80

-150$

+480$

+330$

  +330$

+20

このココモ法は資金に限りがない場合(実際にはあるが)、理論上100%勝つ方法だと言われています。

今回の検証は軍資金が400$と仮定したもので、5回目に当たりをもたらす目が出た時の損益分布なのです。

回数 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
ベット額 160$ 320$

640$

1,280$ 2,560$ 5,120$ 10,240$ 20,480$ 40,960$ ?
損失額 -160

-310$

-320

-630$

-640

-1,270$

-1,910$

-3,180$

-2,560

-5740$

-5,120

-10,860$

-10,240

-21,100$

-20,480

-41,580$

+124,740

+83,160$

 ?

¥112円で計算しております。

12回連続で負ける確率は非常に低いですが、仮に13回目で当たり目が出た場合、61,440$(688万1280円)の軍資金が必要となり

83,160$(931万3920円)が払い戻しされる。よって利益は243万2640円となるのだ。

如何ですが、

理論上100%負けないルーレットの法則に従ってプレイする事により、時給200万円超も夢ではありません。

恐らく上段の表にあるように4回連続で負けるという可能性は非常に少ないですので、もし興味がある方はココモ方を挑戦になってみてはいかがですか?

是非読んで頂きたい、ピースボート関連記事だよ

ANAゴールドカードの魅力(JCB)へジャンプ

世界一周船の旅に出掛けます!No.1

2018年4月30日に入社1年目を迎えた23歳男性が、居酒屋によく貼られてあるポスター、ピースボート世界一周クルーズに参加する事を決意し、退職。2017年8月には退職する意思を伝え日々社会人生活を送ってきた。

社会人になって思ったことは毎日が同じルーティーン。

起床から始まり朝食⇒身支度⇒出勤⇒昼食⇒勤務⇒退社⇒風呂⇒夕飯⇒寝る。

幸い筆者は通勤ラッシュの時間からズレていた為、通勤の疲労はそこまで感じていなかったが、果たしてこれが人間らしい生活なのかと疑問を感じるようになった。

そんなある日「こんな時間に地球征服するなんて」という番組でれいなさんが豪華客船に乗り込みレポートする、「豪華客船アース」に魅了・・・・

第98回:世界一周106日間クルーズ「外貨はどうする?」

第98回ピースボート世界一周クルーズ:待望の1日目

世界一パリが似合わない男の黄昏日記を読んで頂き誠にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る