【動画】南米旅行!LAN/TAM航空A320:リマ⇒クスコ

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

LATAM航空JJ2023便にてリマから世界遺産マチュピチュの玄関口、クスコ空港に向かう機内にて撮影した動画である。

12MAR(WED)08:08 リマ   Yクラス

12MAR(WED)09:43 クスコ  BGG:2PG

今回利用した機材は機材はA320、座席は約180席で座席の広さはANAのB737-700と殆ど変わらなく、革張りだったので想像以上に快適だった。

リマ⇒クスコは天候不順で遅延や欠航になりやすい路線の一つで旅行客泣かせ路線とも言えるだろう。

クスコの空港は四方を山に囲まれているので、大きく旋回しながらの着陸となった。

もしクスコが雨で雲に覆われていたら、リマに引き返す事になるという。

クスコ空港は標高3300mと非常に高度が高く、日本人旅行客が訪れた際高山病の症状に悩まされる事が多いというので、高山病の予防策として、リマ空港国内線ターミナルの制限エリアにて「コカの葉」を食べることに。

そうするとクスコに着いた際、高山病の症状が軽減されるという。

現に筆者は高山病に悩まされる事もなく、クスコ観光を楽しむ事が出来た。

下記のブログも、是非お読みくださいませ。

南米周遊10日間一人旅:1日目

=中部国際空港⇒羽田⇒フランクフルトまでのフライトレポ

安心の日本の翼、ANA利用し中継地欧州フランクフルトに足を踏み入れた

航空旅行クスコ⇒リマ:国内線

マチュピチュ観光を終えリマに戻る。

旅の終盤を迎え、ペルーへの思いを更に深めるフライトとなった。

taketonbo毒舌海外旅行評論家/投資家

投稿者プロフィール

4年制大学で国際関係を学び、在学中に国家資格である総合旅行業務取扱管理者試験に合格し、卒業後は1年間中部国際空港(セントレア)で勤務。2018年には5/8~8/21にかけて、第98回ピースボート世界一周クルーズに乗船し、帰国後はネットビジネスに専念。11/20~11/24に香港経由で南アフリカへビジネスクラスマイル旅行、12/10~12/13に4回目の台湾を旅行する。訪問国数は2018年現在43ヶ国となっている。
また、2007年(当時中学1年生)から投資を始め、現在は株(現物/信用)、FXを取引しており、空売りの研究にも励んでいる24歳である。銘柄や通貨の取引状況や注目ニュースなどに関してはTwitterでリアルタイムな情報を発信しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る